公認会計士

会社設立のよきパートナーが、税理士と言えます。中小企業にどうお金を残していくのか、その問題は、やっぱり税法を駆使していくことにあり、どのような融資を確保するかという問題を、会社設立すれば真剣に考えていかなければなりません。

更に、税理士の仕事の一つとして、税務調査が入ったとき、調査に対応するという仕事があります。顧客の権利を守るというモチベーションが、一番税理士に求められている仕事であれるかもしれません。税務調査と聞けば、会社設立初心者の人たちはかなりびびってしまうのではないでしょうか。もちろんそうでない人たちにとっても、税務調査は強敵以外何ものでもありません。そのような時こそ、税理士という存在がいかに頼もしい存在かということに気付く筈です。

そして、 公認会計士の場合はどうなのでしょうか。公認会計士は、税理士と同じ、会計系の資格ではあります。 そのような人たちの仕事は、税理士とは違い、企業の決算書を監査、きちんと会計基準に則っているのかをしっかり調査して行きます。公認会計士の役割は、企業への投資家の信頼を確保することと考えることが出来ます。投資家に不利益が生じないように防止することが役割と考えることが出来ます。