会社設立 税理士の存在

会社の設立の時に役立つ存在が、税理士です。普段あまり税理士と向きあう機会がありませんので、税理士がどのような仕事をする人たちなのか知らないという人たちも大勢いるのではないでしょうか。
会社設立する人たちにとっても、税理士の役割はきっと大きいはずです。まずは、税理士がどのような存在なのかしっかり理解してみることにしましょう。

税理士と、会計士がどう違うのかと質問されてすんなり答えることが出来るでしょうか。普通に生活をしている方々にとって、両者とも、経営に関するお金の計算をしている人ということで片付けることが出来るかもしれません。

まず、税理士の仕事についてですが、税理士という名前からある程度推測も出来るでしょうけど、税の名前がついているから、企業や個人事業主、不動産オーナーの会計処理の代行業務、更に節税に対してのアドバイス、申告書を作成したりすることが、税理士の一つの仕事ということになります。

贈与税、相続税の申告の代行や、節税対策・納税対策など、結構苦手で判らないという人たちが多く、だから、税理士が良きパートナーとなってくれるのではないでしょうか。誰もが、すんなり理解出来れば、税理士の存在なんて必要ないと言えます。

しかし、まだまだ税理士の仕事の範囲はそこに留まる訳ではありません。財務面における検討をしたり、時として、企業の代理人という立場を取ることも税理士にはあります。まさに、税理士の存在は、企業のパートナーと捉えていいでしょう。更に続けます。