良きアドバイザー

公認会計士という場合では、企業が会計基準に従わない処理をしてしまったことによって、投資家に対して不利益が生じることを防ぐのが大きな役目として考えることが出来、公認会計士は、中小のオーナー企業ではなく、上場企業などの大企業が主たる顧客と考えることが出来ます。従って、基本として、中小零細企業は税理士をパートナーとして、大規模な会社、更に今後近いうちに上場を目指すという場合、公認会計士を選択するケースが多いようです。

会社設立をする人たちが、税理士か、公認会計士かということは、このような視点から考えてみましょう。 大事なのは、会社を設立しようとしている人と、プロフェッショナルとの相性が良いということです。税理士に依頼をする時にも、専門性が大いに発揮されてあなたの会社設立に対して、大きなメリットがあるでしょう。

もちろん、税理士という存在は、あなたが会社設立する際に、あなたにとって大きなメリットになることは間違いありません。あなたは、まだまだ会社設立において、ズブの素人でもあり、不安材料をたくさん抱えているのではないでしょうか。会社設立に関して的確なアドバイスをくれる税理士に頼ることで、よりスムーズに設立作業をすすめることができ、あなたは事業だけに集中できるようになるでしょう。