良きアドバイザー

公認会計士という場合では、企業が会計基準に従わない処理をしてしまったことによって、投資家に対して不利益が生じることを防ぐのが大きな役目として考えることが出来、公認会計士は、中小のオーナー企業ではなく、上場企業などの大企業が主たる顧客と考えることが出来ます。従って、基本として、中小零細企業は税理士をパートナーとして、大規模な会社、更に今後近いうちに上場を目指すという場合、公認会計士を選択するケースが多いようです。

会社設立をする人たちが、税理士か、公認会計士かということは、このような視点から考えてみましょう。 大事なのは、会社を設立しようとしている人と、プロフェッショナルとの相性が良いということです。税理士に依頼をする時にも、専門性が大いに発揮されてあなたの会社設立に対して、大きなメリットがあるでしょう。

もちろん、税理士という存在は、あなたが会社設立する際に、あなたにとって大きなメリットになることは間違いありません。あなたは、まだまだ会社設立において、ズブの素人でもあり、不安材料をたくさん抱えているのではないでしょうか。会社設立に関して的確なアドバイスをくれる税理士に頼ることで、よりスムーズに設立作業をすすめることができ、あなたは事業だけに集中できるようになるでしょう。

 

公認会計士

会社設立のよきパートナーが、税理士と言えます。中小企業にどうお金を残していくのか、その問題は、やっぱり税法を駆使していくことにあり、どのような融資を確保するかという問題を、会社設立すれば真剣に考えていかなければなりません。

更に、税理士の仕事の一つとして、税務調査が入ったとき、調査に対応するという仕事があります。顧客の権利を守るというモチベーションが、一番税理士に求められている仕事であれるかもしれません。税務調査と聞けば、会社設立初心者の人たちはかなりびびってしまうのではないでしょうか。もちろんそうでない人たちにとっても、税務調査は強敵以外何ものでもありません。そのような時こそ、税理士という存在がいかに頼もしい存在かということに気付く筈です。

そして、 公認会計士の場合はどうなのでしょうか。公認会計士は、税理士と同じ、会計系の資格ではあります。 そのような人たちの仕事は、税理士とは違い、企業の決算書を監査、きちんと会計基準に則っているのかをしっかり調査して行きます。公認会計士の役割は、企業への投資家の信頼を確保することと考えることが出来ます。投資家に不利益が生じないように防止することが役割と考えることが出来ます。

会社設立 税理士の存在

会社の設立の時に役立つ存在が、税理士です。普段あまり税理士と向きあう機会がありませんので、税理士がどのような仕事をする人たちなのか知らないという人たちも大勢いるのではないでしょうか。
会社設立する人たちにとっても、税理士の役割はきっと大きいはずです。まずは、税理士がどのような存在なのかしっかり理解してみることにしましょう。

税理士と、会計士がどう違うのかと質問されてすんなり答えることが出来るでしょうか。普通に生活をしている方々にとって、両者とも、経営に関するお金の計算をしている人ということで片付けることが出来るかもしれません。

まず、税理士の仕事についてですが、税理士という名前からある程度推測も出来るでしょうけど、税の名前がついているから、企業や個人事業主、不動産オーナーの会計処理の代行業務、更に節税に対してのアドバイス、申告書を作成したりすることが、税理士の一つの仕事ということになります。

贈与税、相続税の申告の代行や、節税対策・納税対策など、結構苦手で判らないという人たちが多く、だから、税理士が良きパートナーとなってくれるのではないでしょうか。誰もが、すんなり理解出来れば、税理士の存在なんて必要ないと言えます。

しかし、まだまだ税理士の仕事の範囲はそこに留まる訳ではありません。財務面における検討をしたり、時として、企業の代理人という立場を取ることも税理士にはあります。まさに、税理士の存在は、企業のパートナーと捉えていいでしょう。更に続けます。